スキップしてメイン コンテンツに移動

日本の幸福度は過去最低の58位【2019年】

日本 幸福度 過去最低

ちょっと残念なニュースが入りました。2019年日本の幸福度は過去最低の58位だそうです。

前年の2018年は54位だったのに、さらに4位さがってしまいました。日本は156か国中の58位です。どうすれば日本はもっと幸福を感じられるのでしょうか?


日本の幸福度過去最低。一方アメリカは何位?

19位


日本は58位の幸福度。アメリカは五本の指に入るとはいいませんが、19位だそうです。アメリカではフルタイムの仕事をしていても外が明るいうちに家に帰ってこれます。

そして帰宅後も家族や友人と過ごす時間が十分にあるのですから納得できますね。

たしかにワーカホリックといって常に携帯やパソコンをにらめっこして過剰に働く人や、逆に仕事がなくて貧困にあえぐ人たちもいます。

でも平均的にいえばフルタイムは8時間以内の仕事のことをさし、過剰な残業や過剰な接待制度もないのですから幸せを感じる余裕がありますよね。

仕事でいえば「なぜ働いているのか?」の答えにあたるところをしっかりと実践できるのが幸福度には欠かせないのではないでしょうか。

「家族のため」だったら家族と過ごす時間が取れる、「趣味のため」だったら趣味をする時間が取れる、そんなことがアメリカの幸福度につながっていると思います。


 日本はすでに幸福なのです

日本 幸福度 過去最低

幸福を「感じられない」ことが不幸のはじまり


日本を一歩も出たことがなかったり、海外の事情に興味がない人はわからないかもしれないことがあります。

日本はすでに幸福なんです。

「え?どこが?」と思ってしまう人は幸福を感じるアンテナがにぶってしまっているのかもしれません。

考えてみてください。ほとんどの国民が毎日とりあえずはご飯を食べられて、屋根のある家があってあたたかい布団で寝られることができるんですよ。

仕事が忙しいとか、息子の成績が、とか家計が苦しいとか細かい愚痴(ぐち)はあるにせよ、とりあえずは生きていけます

これが日本から一歩外に出ると違います。その日の食事をまともに食べられなかったり、病気になっても医療を受けられなかったり、誘拐は日常茶飯事なんて国もあります。

アメリカも幸福度は19位ですが、日本ほどのほほんと暮らすのは難しいですね。

常に家や車のかぎをロックしておくのは常識ですし、暗くなってからの一人歩きは男性でもやめたほうがいいです。

暗い道やいかにも治安が悪そうなところを一人で歩いたがために問題が起きても問題を起こした相手に文句はいえないのです。

常に自分の身は自分で守らなければなりません。電車で居眠りができてお財布をなくしても交番に届いている国、日本とはずいぶん違うのです。


 日本の幸福度をあげるために

日本 幸福度 過去最低

幸福を感じる訓練を


では、2012年から(2014年をのぞく)毎年発表される「幸福度」。日本が58位と過去最低だったことをふまえて私たちにはなにができるでしょうか。

ふーん・・・でおわらせてしまったらまた同じような結果になるだけですよね。

こういう順位が出たら現状の日本の何が問題でどんな課題があるのか考える必要があります。

せっかくこれを読んでくださっている人には数分で十分ですから幸福になるために何ができるかを考えてみてください。

幸福度というのは大金持ちだったらいいのかというとそれだけではありませんよね。

たしかにお金はあればあるほど生活の自由度はあがりますが、幸福を感じる感じないは自分の感じ方次第です。

「今日もごはんを食べられる」「今日も家族が健康ですごせる」「今日も何事もなかった」などなど、生きているだけですばらしいんだという気持ちを持てるように小さな幸せを感じる訓練をしていただけたらと思います。

おわりに


日本の幸福度が過去最低の58位というニュースから、私たちにある問題や解決法を考えてみました。

こういったニュースを聞いて「ふーん」で終わらせてしまうのはもったいないです。ニュースになるということは問題提起をされたということですよね。

数分でいいのでひとりひとりがちょっと考えてみましょう。ひいてはそれが日本全体の幸福度を上げることにつながるのではないでしょうか。


関連記事

「母の日はいつ?【日本もアメリカも同じ日!】」

「アメリカの野菜産地表示がない理由を調べてみました。」

「イースター2019年いつ?イースターメニュー例」

「アメリカ春野菜でアメリカにいながら春の味覚を!【果物も】」

「アメリカ野菜の名前一覧115個!【日本語と英語】」

コメント

このブログの人気の投稿

アメリカじゃがいも|種類ありすぎ!使い方は?【保存版】

アメリカのじゃがいもは種類がたくさんあって使い方がわからずにいませんか? また、どのじゃがいもがどんな料理に合うのか悩みますよね。 日本の2大じゃがいもである、 ● 男爵(だんしゃく)・・・ほくほくして煮崩れし易い ●メークイン・・・しっとりして煮崩れしにくい と覚えましたがアメリカのじゃがいもはどうなのでしょうか。煮崩れしにくいじゃがいもはどれ?逆に、煮崩れしやすいじゃがいもは? 今回は私の在米生活で学んできたアメリカのじゃがいもの種類とそれぞれの使い方をご紹介します。 1.アメリカで一番出回っているじゃがいも ラセットポテト / russet potato ●別名その1:baking potato(ベーキングポテト)=焼き料理に向いているため    ●別名その2:Idaho(R) potato(アイダホポテト)=同じラセットポテトでもアイダホ州で収穫されたものだけが「アイダホポテト」と呼ばれる権限があります。 *(R)は登録商標です。 ●向いている料理法:オーブン・グリルで焼く、油で揚げる ●特徴:価格が安い、ほくほくしている(粉ふきいも、コロッケ向き)煮崩れしやすい アメリカのじゃがいもの中で一番安価で一番出回っているじゃがいもです。 だいたい大きさがそろっていることが多いので使いやすいのですが、煮物や汁物に使ってしまうと溶けてしまうほど煮崩れしやすいので注意してください。 私は味噌汁に入れてよく溶かしてしまっています・・・。 食感はほくほく系で日本の男爵 なんですけれどね。 ラセットポテトはオーブンやグリルで焼いたり油で揚げたりする調理法が賢明です。 また、レストランなどで皮付きのフライドポテト(フレンチフライ)が出る場合はこのラセットポテトを使っています。 2.アメリカのじゃがいも万能選手 イエローポテト / yellow potato ●別名1:Yukon Gold (ユーコンゴールド) ●別名2:All-purpose (オールパーパス / 多目的)potato ●向いている調理法:ほぼ全て ●特徴:若干しなびやすい アメリカで 煮物やカレー を作りたかったらこのイエローポテトを使いましょう。じゃがいも自体はしっかりしてい

トマト赤くならない冬の対処法と青トマトの活用レシピ3選

トマトは冬になるとなかなか赤くなりませんよね。気温が下がると家庭菜園のトマトは青い実がただ単に 何日もぶら下がっているだけ 。 そこから先、熟す様子もありません。そのうちに霜が降りると青いまま凍ってしまい、暖かい日が来ると解凍されてぐちゃぐちゃ。 そんな、トマトが赤くならない冬にどうしたらトマトを赤くできるかご紹介します。最悪どうしてもトマトが赤くならない場合の簡単レシピも3つつけました。是非最後までご覧ください。 トマト赤くならない冬 実を取って放置   キッチンカウンターの上などで様子見 トマトは花が咲いて実がなり、赤なるまでに 累計で800℃~1200℃の温度が必要 なんだそうです。 もちろん、 累計(少しずつの合計数) でなければならないので、トマトをガラスが溶けるような高温にさらしたからと言って一気に熟すわけではありません。 累計温度が積み重なるので毎日暑い夏はトマトが赤く熟すまで時間がかからないわけですね。逆に冷夏だと日照時間が少ないうえに累計温度も上がっていきません。 それで 冬はなかなか赤くならない わけです。 外では暖かい日が少なくなるだけでなく、トマト自体が凍結の可能性も。 それなので、気温が下がってきて「もうこれ以上青いトマトを取っておいても凍ってしまうだけだ」と判断した日に青いトマトは 全部取って しまいましょう。 私は一度家庭菜園のトマトの木にトマトをならせたまま凍らせてしまいました。 暖かくなった日に解凍されたらぐちゃぐちゃになった上、一日放っておいたら変なにおいもして食べられる状態ではなくなってしまいました。 カウンター上で追熟が進む そんなわけで、秋も終わる頃に「まだ自然に放っておけば赤くなるかも」と望みを込めたトマトも寒い日がここそこに出てきたら 取ってしまうのが一番 です。 なぜなら今度は凍結の恐れが出てくるから。凍結してしまえば家庭菜園のトマトは全部ダメになってしまいます。 ここで一か八か青いトマトを全部取って、 今シーズンは終了 ということにします。 私の今シーズン最後に収穫した青い7個のミニトマト。腐るわけでもなくすぐに追熟するわけでもなく、ただただ2ヶ月青いままカウンターに鎮座していました。 するとあ

アメリカ野菜で代用できる和食向き野菜5選!

アメリカで生活している限り、野菜の代用を余儀なくされることがあります。 日本でも定番のじゃがいも、にんじん、玉ねぎなどは 「アメリカ|スーパーで日本と同じ野菜【使い方のヒント付】」 書きましたがアメリカでも売っています。でもいくつかの野菜は 似て非なるもの だったりします。 今回は多少日本の野菜と似ているからこそ同じように使えるアメリカ野菜の代用品をご紹介します。   アメリカ野菜 かぶの代用は?   turnip(ターニップ) アメリカのかぶは日本のかぶより2、3倍大きいものも多いです。 茎に近い部分が紫色で実は苦味が強く、そのまま使っても苦味が強く出てしまいます。 苦味が好きな方はいいですが 生食でも甘みのある日本のかぶをイメージしないほうがいい ですね。 味が薄めで油を使わない味噌汁など使う時は一度お湯で ゆがいて から(煮たお湯を捨てる)と多少アメリカのかぶの苦味が薄れます。 かぶのクリーム煮やトマトソース煮など こってり系で油を使う料理法 の方が苦味を感じることも少ないです。   アメリカ野菜 白菜の代用は?   savoy cabbage(サヴォイキャベッジ) 白菜の代用のサヴォイキャベツは今回の私のイチオシです。このサヴォイキャベツはまさにキャベツと白菜の中間なのです。 白菜の代用だけでなくキャベツの代用としても使えて とても便利です。 しかも、1パウンド(約450g)あたり$1.5(約150円)前後かそれ以上する白菜に比べ、このサヴォイキャベツは$0.7~$0.8(約80円)ほどと 値段も白菜の約半分 です。 また白菜はだいたいどのスーパーでも見るようになりましたがまだまだある時とないとき、質が悪かったりあまりに小ぶりだったり、となかなか「これは!」と思うものが見つからないときが多いです。 それに比べこのサヴォイキャベツは継続的に店頭に並びますし、品質も安定しています。使ったことのない方は是非使ってみてください。 サヴォイキャベツ利用に際しての注意ですが、 白菜やキャベツより葉が硬い ので 生食にはむいていません 。   アメリカ野菜 長ねぎの代用は?   leek(リーク)   長