スキップしてメイン コンテンツに移動

野菜のぬるぬる|食べられる?食べられない?

野菜 ぬるぬる




野菜って触った時にぬるぬるしているものがありますよね。食べられるのか食べられないのか知らないと判断に困ります。色々な意味で野菜のぬるぬるは野菜からのサインとも言えます。

なぜ野菜がぬるぬるするのかその意味の違いや、食べられるのか食べられないのか判断基準などをご紹介します。


野菜のぬるぬる【食べられない】

冷蔵庫と冷暗所の野菜のぬるぬる

野菜 ぬるぬる


触ると凹んだり、悪臭が漂うのは腐っている証拠!


野菜の全体、または一部がぬるぬるしている場合は軽く触ってみましょう。手にぬるぬるがつくかもしれないと心配であればビニール袋越しでも良いです。

ハリがある野菜のトマトやキュウリ、にんじんやじゃがいもなどが凹む上に白や茶色でぬるぬるしている場合は腐っていることが考えられます。

同時に悪臭がすることもあります。

冷蔵庫に入れていた野菜ではビニール袋に入れておいたため野菜自体が呼吸したり(野菜は収穫後も呼吸しています)出し入れしたときの温度変化で結露が起きたりした際の水分がビニール袋内に閉じ込められてしまい野菜をいためる原因になったと思われます。

もちろんビニール袋に入っていない野菜でも、知らず知らずのうちに重いものにつぶされていたり冷蔵庫に入れる前から痛みがあった場合などは思ったよりも早く腐ってしまうこともあります。

購入してからの日にちだけで「まだ新鮮なはず」と過信しないようにしましょう。


〈根菜類を長期保存するコツ〉

●じゃがいもや玉ねぎなどの根菜類は基本的に冷暗所に保存。
*冷暗所=日光が当たらず、比較的低い温度に保てる場所。シンク下など。

●ビニール袋に入って売られていた場合は出す。

●紙袋や布の袋またはバスケットなど空気が常に入れ替われる状態のものに入れ替える。
*この状態で保存すると野菜が呼吸できるので断然長持ちします。




野菜のぬるぬる【食べられる】

葉野菜の根元のぬるぬる

野菜 ぬるぬる

緑の部分も元気なら健康なしるし



白菜やほうれん草、アメリカの一般的なスーパーでは見かけませんが小松菜などの葉野菜は根元がぬるぬるしていることがあります。

水にぬらすとそのぬるぬるしている感じが増すので洗っているうちに気になる人もいると思います。

これは水分の多い根元にたまりがちな水溶性の栄養素が溶け出したものと言われています。

根元菜だけに「農薬がたまっているのでは?」と気になってしまうかもしれませんね。でも農薬があるとしたら外葉の部分ですのでこのぬるぬるは心配ないと言えます。必死になって一枚ずつ洗う必要はないでしょう。


野菜のヘタや断面のぬるぬる【食べられる】

野菜 ぬるぬる


野菜自らが水分保持をしようとする知恵

ウリ科の野菜やかぼちゃなどヘタを切った先がぬるぬるしていることがあります。また、切った野菜の断面もぬるぬるしていることがあります。

これは人間で言えば怪我をしたときのかさぶたのような役目をするものです。野菜も収穫時や調理時に切られることによって中の水分がにじみ出てしまいますよね。その量を最小限にするためこのぬるぬるした状態になるのです。

もしスーパーで売っているもののヘタがぬるぬるしているようでしたらその野菜はよほど新鮮だと考えられます。

このように食べられるけれどぬるぬるしている状態の野菜はぬるぬるしている部分以外はとてもハリがあって元気なはずです。

 

アメリカ野菜独特のぬるぬる!【食べられる】けど・・・

野菜 ぬるぬる

新鮮な見た目をキープするための食用ワックス

アメリカのスーパーでバラ売りされているきゅうりを触ってそのぬるぬる感にびっくりした人はいるでしょう。あれは食用ワックスです。
家庭菜園をしている人はわかると思いますが、野菜は収穫後早くて数時間、遅くても数日で乾燥が進みしなびてクタッとしてしまうものです。

そんな野菜や果物を収穫したてのように見せかけるためには野菜や果物全体にワックスをかける必要があります。

野菜や果物の移動距離が半端でないアメリカでは日本の野菜や果物よりふんだんに食用ワックスがかけられているようです。

アメリカの大きなかぶはすでに葉を取られて売っている物がたくさんありますが、かぶには全体にろうそくのロウかと思うようなワックスが全体にかかっているのが目に見えてわかると思います。

もともと食べても無害の食用ワックスなので必要以上に気にする事はありませんが、食用と言われてもあまりにかかっていると気になりますよね。

写真のように全体的に太さが同じで中サイズのきゅうりは洗ってもぬるぬるとしたワックスがなかなか落ちません。


大きなかぶや中サイズのキュウリはもともと皮が固めの野菜でもありますのでいっそのこと皮を全てむいてしまうか自然派食器用洗剤をほんの一滴使ってワックスを洗い落とすとよいでしょう。





野菜のぬるぬるを防ぐ袋が登場しかもタダ

野菜 ぬるぬる


長期保存できてびっくり

腐ってしまった野菜のところでビニール袋に入れないほうがいいと書きましたが最近では野菜が呼吸し続けられるビニール袋もあるようです。

触るとカサカサ音がするものは従来のビニール袋ですが、柔らかくカサカサ音がしないものもあるんです。

今回その種類のビニール袋に入ったきゅうりが冷蔵庫でいつになく長持ちしていて驚きました。

急に寒くなってきゅうりを食べる気がしなくなって放置状態になってしまっているだけなのですけれどね。いつもならぬるぬるし始める頃のきゅうりがピンピンしています。

このカサカサ音がしないタイプのビニール袋はスーパーなどに置いてあります。今までより長持ちするかよく観察してみてはいかがでしょうか。



おわりに

野菜のぬるぬるの色々な原因を見てきましたがいかがだったでしょうか?実は私もこの記事を書くために再調査するまで、白菜の根元のぬるぬるが気になっていたひとりです。

前になんとなく聞いたこと、不確かなことを再確認するのは大事ですね。

野菜のぬるぬるとは食べられるのか食べられないのか的確に判断して上手に付き合って行きたいものですね。


関連記事

「アメリカ野菜と農薬 2018年【最新版】」
「トマト赤くならない冬の対処法と青トマトの活用レシピ3選」
「トマトスープ酸っぱい時の対処法ランキング!」
「アメリカ野菜でおいしいのはどれ?おいしい季節は?」
「アメリカ|スーパーにない煮物野菜と冷凍方法!」


あなたのアメリカ野菜生活が充実しますように♡♡♡



コメント

このブログの人気の投稿

アメリカじゃがいも|種類ありすぎ!使い方は?【保存版】

アメリカのじゃがいもは種類がたくさんあって使い方がわからずにいませんか? また、どのじゃがいもがどんな料理に合うのか悩みますよね。 日本の2大じゃがいもである、 ● 男爵(だんしゃく)・・・ほくほくして煮崩れし易い ●メークイン・・・しっとりして煮崩れしにくい と覚えましたがアメリカのじゃがいもはどうなのでしょうか。煮崩れしにくいじゃがいもはどれ?逆に、煮崩れしやすいじゃがいもは? 今回は私の在米生活で学んできたアメリカのじゃがいもの種類とそれぞれの使い方をご紹介します。 1.アメリカで一番出回っているじゃがいも ラセットポテト / russet potato ●別名その1:baking potato(ベーキングポテト)=焼き料理に向いているため    ●別名その2:Idaho(R) potato(アイダホポテト)=同じラセットポテトでもアイダホ州で収穫されたものだけが「アイダホポテト」と呼ばれる権限があります。 *(R)は登録商標です。 ●向いている料理法:オーブン・グリルで焼く、油で揚げる ●特徴:価格が安い、ほくほくしている(粉ふきいも、コロッケ向き)煮崩れしやすい アメリカのじゃがいもの中で一番安価で一番出回っているじゃがいもです。 だいたい大きさがそろっていることが多いので使いやすいのですが、煮物や汁物に使ってしまうと溶けてしまうほど煮崩れしやすいので注意してください。 私は味噌汁に入れてよく溶かしてしまっています・・・。 食感はほくほく系で日本の男爵 なんですけれどね。 ラセットポテトはオーブンやグリルで焼いたり油で揚げたりする調理法が賢明です。 また、レストランなどで皮付きのフライドポテト(フレンチフライ)が出る場合はこのラセットポテトを使っています。 2.アメリカのじゃがいも万能選手 イエローポテト / yellow potato ●別名1:Yukon Gold (ユーコンゴールド) ●別名2:All-purpose (オールパーパス / 多目的)potato ●向いている調理法:ほぼ全て ●特徴:若干しなびやすい アメリカで 煮物やカレー を作りたかったらこのイエローポテトを使いましょう。じゃがいも自体はしっかりしてい

トマト赤くならない冬の対処法と青トマトの活用レシピ3選

トマトは冬になるとなかなか赤くなりませんよね。気温が下がると家庭菜園のトマトは青い実がただ単に 何日もぶら下がっているだけ 。 そこから先、熟す様子もありません。そのうちに霜が降りると青いまま凍ってしまい、暖かい日が来ると解凍されてぐちゃぐちゃ。 そんな、トマトが赤くならない冬にどうしたらトマトを赤くできるかご紹介します。最悪どうしてもトマトが赤くならない場合の簡単レシピも3つつけました。是非最後までご覧ください。 トマト赤くならない冬 実を取って放置   キッチンカウンターの上などで様子見 トマトは花が咲いて実がなり、赤なるまでに 累計で800℃~1200℃の温度が必要 なんだそうです。 もちろん、 累計(少しずつの合計数) でなければならないので、トマトをガラスが溶けるような高温にさらしたからと言って一気に熟すわけではありません。 累計温度が積み重なるので毎日暑い夏はトマトが赤く熟すまで時間がかからないわけですね。逆に冷夏だと日照時間が少ないうえに累計温度も上がっていきません。 それで 冬はなかなか赤くならない わけです。 外では暖かい日が少なくなるだけでなく、トマト自体が凍結の可能性も。 それなので、気温が下がってきて「もうこれ以上青いトマトを取っておいても凍ってしまうだけだ」と判断した日に青いトマトは 全部取って しまいましょう。 私は一度家庭菜園のトマトの木にトマトをならせたまま凍らせてしまいました。 暖かくなった日に解凍されたらぐちゃぐちゃになった上、一日放っておいたら変なにおいもして食べられる状態ではなくなってしまいました。 カウンター上で追熟が進む そんなわけで、秋も終わる頃に「まだ自然に放っておけば赤くなるかも」と望みを込めたトマトも寒い日がここそこに出てきたら 取ってしまうのが一番 です。 なぜなら今度は凍結の恐れが出てくるから。凍結してしまえば家庭菜園のトマトは全部ダメになってしまいます。 ここで一か八か青いトマトを全部取って、 今シーズンは終了 ということにします。 私の今シーズン最後に収穫した青い7個のミニトマト。腐るわけでもなくすぐに追熟するわけでもなく、ただただ2ヶ月青いままカウンターに鎮座していました。 するとあ

アメリカ野菜で代用できる和食向き野菜5選!

アメリカで生活している限り、野菜の代用を余儀なくされることがあります。 日本でも定番のじゃがいも、にんじん、玉ねぎなどは 「アメリカ|スーパーで日本と同じ野菜【使い方のヒント付】」 書きましたがアメリカでも売っています。でもいくつかの野菜は 似て非なるもの だったりします。 今回は多少日本の野菜と似ているからこそ同じように使えるアメリカ野菜の代用品をご紹介します。   アメリカ野菜 かぶの代用は?   turnip(ターニップ) アメリカのかぶは日本のかぶより2、3倍大きいものも多いです。 茎に近い部分が紫色で実は苦味が強く、そのまま使っても苦味が強く出てしまいます。 苦味が好きな方はいいですが 生食でも甘みのある日本のかぶをイメージしないほうがいい ですね。 味が薄めで油を使わない味噌汁など使う時は一度お湯で ゆがいて から(煮たお湯を捨てる)と多少アメリカのかぶの苦味が薄れます。 かぶのクリーム煮やトマトソース煮など こってり系で油を使う料理法 の方が苦味を感じることも少ないです。   アメリカ野菜 白菜の代用は?   savoy cabbage(サヴォイキャベッジ) 白菜の代用のサヴォイキャベツは今回の私のイチオシです。このサヴォイキャベツはまさにキャベツと白菜の中間なのです。 白菜の代用だけでなくキャベツの代用としても使えて とても便利です。 しかも、1パウンド(約450g)あたり$1.5(約150円)前後かそれ以上する白菜に比べ、このサヴォイキャベツは$0.7~$0.8(約80円)ほどと 値段も白菜の約半分 です。 また白菜はだいたいどのスーパーでも見るようになりましたがまだまだある時とないとき、質が悪かったりあまりに小ぶりだったり、となかなか「これは!」と思うものが見つからないときが多いです。 それに比べこのサヴォイキャベツは継続的に店頭に並びますし、品質も安定しています。使ったことのない方は是非使ってみてください。 サヴォイキャベツ利用に際しての注意ですが、 白菜やキャベツより葉が硬い ので 生食にはむいていません 。   アメリカ野菜 長ねぎの代用は?   leek(リーク)   長