スキップしてメイン コンテンツに移動

アメリカの米おすすめ【予算別】厳選6種をご紹介!日本米に近いのだけ!


アメリカの米でおすすめはいくつかあります。

アメリカでもおいしいお米を食べたいものですが、なかなかおいしいものありつけないという悩みを良く聞きます。

日本のお米とはパッケージも種類も違うのでどれを買ったらよいかわかりにくいですよね。

今回は
●おいしいお米が食べられるならお金を惜しまない派
●価格もおいしさもバランスよく選びたい派
●とにかく節約。お米であれば味にはこだわらない派

の3派それぞれ2種ずつ、計6種をご紹介します。

アメリカでも米命!おすすめ最高傑作はこれ

田牧米(TAMAKI GOLD)




アメリカ米おすすめの最高峰はなんと言ってもこの「田牧米(TAMAKI GOLD)」でしょう。

米命(こめいのち)の在米日本人10人が10人おすすめするというお米です。

お店によっては他のお米の倍くらいの値段がついていることもあります。

値段が張るのでほかのお米と比較してしまうと買いづらいかもしれません。

いまだ田牧米を食べたことのない”田牧米憧れ派”が存在するのも事実です。

水分はちょっとだけ少なめ(炊飯器のしるしより1~2mm下のラインまで)にいれるとおいしく炊けますよ!

甘みもうまみも十分で文句なしの田牧米。カリフォルニアで栽培されています。

また、無農薬で栽培されているため、アレルギー持ちの方は試してみてもいいかもしれません。

知り合いにお子さんがアレルギーの方がいるのですが、田牧米だけは食べても症状が出ないそうです。

(*注:アレルギーへの反応はあくまでも個人の感想です。住んでいる環境やほかの食品などとの兼ね合いもあります。全員のアレルギーを抑えられるわけではないのでご了承ください。)

でも気になるなら試してみる価値はありそうです。

アメリカ米おすすめ田牧米に続くうまさ

玉錦(たまにしき)




アメリカのおいしいお米の2位といえばこの玉錦。

こしひかりにゆめごこちがブレンドされています。2種のお米のいいとこどりということですね。

どうりでおいしいわけです。

噛んだときの弾力も甘みもしっかりあって、冷めてもおいしいのでアメリカでお弁当を持たせる人にも向いています。

田牧米と同じくらいおいしいと思えるお米を食べたい人におすすめです。

玉錦はこの黄色い袋が目印です。

値段もアマゾンだとそんなに田牧米と変わらないようですね。

店によっては田牧米がぶっちぎりで高い場合もあるので気をつけてください。

ここではほとんど値段が同じなので田牧米と玉錦どちらも食べてみて好きなほうを選んでみると良いでしょう。


アメリカ米おすすめお米の女王様が好き

かがやき




私が個人的に「米の女王」と呼ぶ友人が大好きなお米です。

大体彼女の家に遊びに行った時にご馳走になるのですが、つやつやしていて甘みもあっておいしいです。

おかずは一切なしでお米だけを食べても生きていけると豪語するタイプの人に人気のお米です。

アマゾンサイトでは低評価が入ってしまってしますがこれはカリフォルニア米なのに日本米だと思って買った人の評価のようです。

日本語で「日本産」と記載されているもの以外はアメリカ米だと思ったほうがいいですね。

もちろんこちらのかがやきもカリフォルニアで育ったお米です。

いくつかウェブサイトを見てみましたが小さいパッケージのものはなぜかProduct of Japan(日本製)の文字が。

どれもCalifornia Premium short grain(カリフォルニア高級短粒米)とあるので表示間違いだと思われます。

紹介の部分だけ見て日本からの輸入品だとは思わないようにしてくださいね。

アメリカ米おすすめ値段も味もど真ん中!

こしひかり




アメリカ米おすすめの中で私が個人的に一番購入するのがこのこしひかりです。

こしひかりが良く取れる地域で育ったので、このこしひかりの味が一番しっくり来る気がします。甘みも適度な弾力もあり、冷めてもおいしく食べられます。

お米のおいしさは炊き立てでわかるといわれるかも知れませんが、私は冷めたときにいかにお米の甘みが感じられるかもポイントにしています。

そうでないと冷めたお弁当ではとたんにおいしく食べられないからです。

アメリカでは冷めるとおいしさが半減するお米があるので注意してください。

例えばこれから紹介する2種は、炊き立てはおいしいけれど冷めると甘みが減ったりモチモチ感が減りがちです。

でもいつも炊きたて、もしくはご飯を温め直して食べられる人で値段を気にする人にはいいと思います。

アメリカ米大体どこでも売っているからおすすめ

NISHIKI(錦・にしき)




アメリカ産日本米の種類を売っているお店は限られることがありますがこちらの「錦」はアメリカのほとんどの大型スーパーで売っています

上で紹介した黄色い袋の玉錦と名前が似ているのですが、こちらの錦の袋は白が基調です。

そして「錦」という日本語よりも「NISHIKI」の英語が目に飛び込んできます。

このブランドはsushi rice(寿司用米)と記載されほとんどのスーパーで売られています。

一番有名な日本米(または日本”系”米)なのではないでしょうか。

触った感じはなんだか不思議な重みを感じるお米で、かなり長い形をしています。

でも炊くとちゃんとおにぎりや寿司など形を作れるほどに粘り気もあります。

炊き立ては十分おいしく食べられますが、冷めるととたんに甘みがなくなるので錦を使う場合は炊き上げ後に保温するか温めなおすことで対処すると良いでしょう。

アメリカ米おすすめ知名度高い

国宝(こくほう)ローズ




こちらの国宝(こくほう)ローズも大型スーパーなどで手に入りやすいお米です。

国宝ローズという名前は聞いたことがないかも知れませんがそれだけで品種を表しているんだそうです。

日本からの農園移住者である国府田(こうだ)敬三郎さんが大量生産に成功したもっとも日本のお米に近い品種といわれています。

ひとつ上にご紹介したNISHIKI(錦・にしき)は見た目が長いお米ですが、こちらの国宝ローズはまさに日本のお米のような短い楕円形。

アメリカのお米は粘り気があっても日本のお米の2~3倍の長さをしているものが多いもの。

見た目だけで拒否反応を起こす人も多いです。

そこに国宝ローズは昔から食べなれた丸く短いお米をしています。

だから日系人や日本のお米を食べて育った人たちに長年愛されているんだそうです。

ただやはり味の面では他のこしひかりなど強い甘みを感じる品種よりは淡白な味なので慣れる必要があるかも知れません。


おわりに

アメリカの米おすすめをなるべく厳選してご紹介してきました。

アメリカ滞在が長く(年単位など)なる方はいろいろ食べ比べてみても楽しいですね。

アメリカ滞在期間が限られているけれどお米なしでは生きていけないという方はぜひこの記事が参考になったら幸いです。

お財布や味の好みと相談すればアメリカでも毎日食べられるお米を買うことができますね!

関連記事
「アメリカの野菜産地表示がない理由を調べてみました。」

「アメリカバーベキュー肉と野菜の扱い方事情!」

「アメリカ野菜名前一覧115個!」

「アメリカに野菜炒めってある?英語でなんていう?味付けは?」

「アメリカ|野菜をたくさんお弁当に入れたい時のコツ!」

あなたのアメリカ野菜生活が充実しますように♡♡♡

コメント

このブログの人気の投稿

アメリカじゃがいも|種類ありすぎ!使い方は?【保存版】

アメリカのじゃがいもは種類がたくさんあって使い方がわからずにいませんか? また、どのじゃがいもがどんな料理に合うのか悩みますよね。 日本の2大じゃがいもである、 ● 男爵(だんしゃく)・・・ほくほくして煮崩れし易い ●メークイン・・・しっとりして煮崩れしにくい と覚えましたがアメリカのじゃがいもはどうなのでしょうか。煮崩れしにくいじゃがいもはどれ?逆に、煮崩れしやすいじゃがいもは? 今回は私の在米生活で学んできたアメリカのじゃがいもの種類とそれぞれの使い方をご紹介します。 1.アメリカで一番出回っているじゃがいも ラセットポテト / russet potato ●別名その1:baking potato(ベーキングポテト)=焼き料理に向いているため    ●別名その2:Idaho(R) potato(アイダホポテト)=同じラセットポテトでもアイダホ州で収穫されたものだけが「アイダホポテト」と呼ばれる権限があります。 *(R)は登録商標です。 ●向いている料理法:オーブン・グリルで焼く、油で揚げる ●特徴:価格が安い、ほくほくしている(粉ふきいも、コロッケ向き)煮崩れしやすい アメリカのじゃがいもの中で一番安価で一番出回っているじゃがいもです。 だいたい大きさがそろっていることが多いので使いやすいのですが、煮物や汁物に使ってしまうと溶けてしまうほど煮崩れしやすいので注意してください。 私は味噌汁に入れてよく溶かしてしまっています・・・。 食感はほくほく系で日本の男爵 なんですけれどね。 ラセットポテトはオーブンやグリルで焼いたり油で揚げたりする調理法が賢明です。 また、レストランなどで皮付きのフライドポテト(フレンチフライ)が出る場合はこのラセットポテトを使っています。 2.アメリカのじゃがいも万能選手 イエローポテト / yellow potato ●別名1:Yukon Gold (ユーコンゴールド) ●別名2:All-purpose (オールパーパス / 多目的)potato ●向いている調理法:ほぼ全て ●特徴:若干しなびやすい アメリカで 煮物やカレー を作りたかったらこのイエローポテトを使いましょう。じゃがいも自体はしっかりしてい

トマト赤くならない冬の対処法と青トマトの活用レシピ3選

トマトは冬になるとなかなか赤くなりませんよね。気温が下がると家庭菜園のトマトは青い実がただ単に 何日もぶら下がっているだけ 。 そこから先、熟す様子もありません。そのうちに霜が降りると青いまま凍ってしまい、暖かい日が来ると解凍されてぐちゃぐちゃ。 そんな、トマトが赤くならない冬にどうしたらトマトを赤くできるかご紹介します。最悪どうしてもトマトが赤くならない場合の簡単レシピも3つつけました。是非最後までご覧ください。 トマト赤くならない冬 実を取って放置   キッチンカウンターの上などで様子見 トマトは花が咲いて実がなり、赤なるまでに 累計で800℃~1200℃の温度が必要 なんだそうです。 もちろん、 累計(少しずつの合計数) でなければならないので、トマトをガラスが溶けるような高温にさらしたからと言って一気に熟すわけではありません。 累計温度が積み重なるので毎日暑い夏はトマトが赤く熟すまで時間がかからないわけですね。逆に冷夏だと日照時間が少ないうえに累計温度も上がっていきません。 それで 冬はなかなか赤くならない わけです。 外では暖かい日が少なくなるだけでなく、トマト自体が凍結の可能性も。 それなので、気温が下がってきて「もうこれ以上青いトマトを取っておいても凍ってしまうだけだ」と判断した日に青いトマトは 全部取って しまいましょう。 私は一度家庭菜園のトマトの木にトマトをならせたまま凍らせてしまいました。 暖かくなった日に解凍されたらぐちゃぐちゃになった上、一日放っておいたら変なにおいもして食べられる状態ではなくなってしまいました。 カウンター上で追熟が進む そんなわけで、秋も終わる頃に「まだ自然に放っておけば赤くなるかも」と望みを込めたトマトも寒い日がここそこに出てきたら 取ってしまうのが一番 です。 なぜなら今度は凍結の恐れが出てくるから。凍結してしまえば家庭菜園のトマトは全部ダメになってしまいます。 ここで一か八か青いトマトを全部取って、 今シーズンは終了 ということにします。 私の今シーズン最後に収穫した青い7個のミニトマト。腐るわけでもなくすぐに追熟するわけでもなく、ただただ2ヶ月青いままカウンターに鎮座していました。 するとあ

アメリカ野菜で代用できる和食向き野菜5選!

アメリカで生活している限り、野菜の代用を余儀なくされることがあります。 日本でも定番のじゃがいも、にんじん、玉ねぎなどは 「アメリカ|スーパーで日本と同じ野菜【使い方のヒント付】」 書きましたがアメリカでも売っています。でもいくつかの野菜は 似て非なるもの だったりします。 今回は多少日本の野菜と似ているからこそ同じように使えるアメリカ野菜の代用品をご紹介します。   アメリカ野菜 かぶの代用は?   turnip(ターニップ) アメリカのかぶは日本のかぶより2、3倍大きいものも多いです。 茎に近い部分が紫色で実は苦味が強く、そのまま使っても苦味が強く出てしまいます。 苦味が好きな方はいいですが 生食でも甘みのある日本のかぶをイメージしないほうがいい ですね。 味が薄めで油を使わない味噌汁など使う時は一度お湯で ゆがいて から(煮たお湯を捨てる)と多少アメリカのかぶの苦味が薄れます。 かぶのクリーム煮やトマトソース煮など こってり系で油を使う料理法 の方が苦味を感じることも少ないです。   アメリカ野菜 白菜の代用は?   savoy cabbage(サヴォイキャベッジ) 白菜の代用のサヴォイキャベツは今回の私のイチオシです。このサヴォイキャベツはまさにキャベツと白菜の中間なのです。 白菜の代用だけでなくキャベツの代用としても使えて とても便利です。 しかも、1パウンド(約450g)あたり$1.5(約150円)前後かそれ以上する白菜に比べ、このサヴォイキャベツは$0.7~$0.8(約80円)ほどと 値段も白菜の約半分 です。 また白菜はだいたいどのスーパーでも見るようになりましたがまだまだある時とないとき、質が悪かったりあまりに小ぶりだったり、となかなか「これは!」と思うものが見つからないときが多いです。 それに比べこのサヴォイキャベツは継続的に店頭に並びますし、品質も安定しています。使ったことのない方は是非使ってみてください。 サヴォイキャベツ利用に際しての注意ですが、 白菜やキャベツより葉が硬い ので 生食にはむいていません 。   アメリカ野菜 長ねぎの代用は?   leek(リーク)   長