スキップしてメイン コンテンツに移動

アメリカでホームステイ!高校生が気をつけたいこと【食事編】


アメリカでのホームステイ。高校生はどんなことに気をつけたらよいのでしょうか?アメリカでは食が二極化してきているので当たったホストファミリーによってまったく食事が違うこともあります。

今回はアメリカでホームステイをする高校生が気をつけたいことを食事の面からご紹介していきます。

アメリカホームステイ高校生は食事に気をつけたい理由

ジャンクに手をつけがち


アメリカでホームステイをするときに高校生が気をつけたいことはやはりジャンクに手をつけがちなところですね。

年代的にも大人たちがすすめるヘルシーな食事よりジャンクを食べるのがかっこいい気がします。なにより安くておなかが満たされるのが魅力でもあったりします。

私も高校生のころはおこづかいで買うジャンクフードやジャンクドリンクはわくわくしたものです。

おうちの方が食事をしっかり出してくれる家庭ほど、ジャンクフードは魅力的に映るかもしれませんね。

アメリカの学校では何十年か前に肥満防止政策として自動販売機からソーダが消えましたがそれでもまだジャンクフードの誘惑はいろいろなところでみられます。

アメリカホームステイ高校生だけに気をつけたい食事

体重やにきびの増加が心配


アメリカで高校生がホームステイをするときに気をつけたいのは急激な生活環境の変化による体重やにきびの増加です。

アメリカはとても広くて地域の気候や雰囲気もさまざまです。意外なことかもしれませんがアメリカは場所によっては水の硬さがまったく違います

車で5分走るだけで硬水よりだったり軟水よりだったりという地域もあります。硬水はミネラルがたくさん入っているので髪を洗うと髪がきしみがち。

でも一方で硬水を使うことでにきびが良くなったという情報も聞きます。硬水だと肌や髪が乾燥しやすいのですが高校生の脂っぽくなりがちな肌にはその乾燥しやすい感じが逆によいのかも知れませんね。

またアメリカでは空気が日本より乾燥しているところが多いので肌の調子は水だけでなく空気も関係しているかもしれません。

そんな中、比較的自分で調節しやすいものは食べ物ですので賢く選べるように今からイメージトレーニングをおきしましょう。


アメリカホームステイでありがちな真逆の家庭2種

まったく料理をしない。全てがレンチンの家庭

ホームステイなので基本的にはその家の大人が食事の用意をしてくれることになります。アメリカの食事情はこの20年ほどでずいぶん変わりました。

*アメリカの最近の食事情について詳しく書いています≫≫「アメリカ人は野菜食べないって古い!?3つの理由」

食事の様子も二極化しているといえます。料理をまったくせず全ての食事がレンジで温めるだけの家があると思えば、食に過敏になっていて全てオーガニック(有機栽培)のものだけ。それ以外の食べ物は認めないという家庭もあります。

まずは料理をしない家庭です。こういう家に当たると毎日冷凍食品やテイクアウトのピザなどを食べることになります。野菜も冷凍や缶詰のものが中心になるかもしれません。

料理をまったくしない家庭に当たるとはじめはかなりのカルチャーショックを受けるかもしれません。日本では料理をして当たり前で栄養をまんべんなく取ることが重要とされているからですね。

でもそこは意識を変えて料理をしない家に当たってもそれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2週間から1ヶ月ほどの短期のホームステイならこういった思いっきりアメリカンな食事をたっぷり味わえると思っていやになるまで食べるのもありかなと思います。

そうすれば日本に帰ったときに普段おうちの人が一生懸命作ってくれる3食の食事にありがたみを感じられるようになります。

それにジャンクフードを食べ続けてイヤになり、以後ジャンクフードから完全に卒業できるきっかけになるかも知れません。

ホームステイで料理をまったくしない家庭に当たったからといってなにも悪いことばかりとはいえないですね。


オーガニック(有機栽培)だけの厳格な食生活家庭

アメリカではまったく料理をしない家庭があるかと思えば全てがオーガニック(有機栽培)でないと食べ物ではないといわんばかりの家庭もあります。

”こんなにも食事に気をつけられる家にあたってラッキー’’と思える高校生はずいぶん大人びているかもしれません。

たしかにオーガニック(有機栽培)ものは買えば値段も高いのでありがたいことですね。

でもやっぱり高校生ですし、せっかくのアメリカです。オーガニックにこだわる家庭にあたってもアメリカのジャンクフードやオーガニックではない食べ物を食べてみたい人もいると思います。

そんなときに特に子どもがいる家庭で注意してほしいことがあります。

もしホストファミリーに「うちの子どもたちにはオーガニックじゃないものは絶対にあげないでね」と念を押されたら、決してあげないこと。

自分で買ったりもらったりしたオーガニックでない食べ物を見せないようにしましょう。家の外で食べておしまいにする、家の中でも子どもに見つからないところに置くなどきちんとホストファミリーの意志に沿うようにしてくださいね。

ホストファミリーの子どもに「泣かれた」「しつこくお願いされた」などで「ちょっとだけね」とあげてしまうのはトラブルの元です。

ホストファミリーとのトラブルをさけるためにも厳格な食事ルールがある家ではその家庭の方針に必ずしたがいましょう。

アメリカホームステイ高校生であることを楽しむために

量を決めてジャンクも楽しもう


高校生くらいだとまだ若いということもありますし、アメリカのカラフルなお菓子や本場のジャンクフードが目新しくて心おどることもあるでしょう。

最終的には短期の2週間から1ヶ月ほどの短期ホームステイならジャンクフードも楽しみながら過ごすのもありだと思います。

私は今でもある清涼飲料水を飲むと当時の初めてアメリカに来た日々を思い出します。その独特の味が懐かしい思い出なんですね。

高校生の短期ホームステイでは食事・水・空気・カルチャーショックなど生活環境の変化で多少体重が増えたりにきびが増えることも考えられます。

でも若くて体の回復も早いので日本に帰ってから元の生活に戻れば問題も解決されると思います。

それにどんなアメリカの家庭であっても日本の家族から離れることで、日本のおうちの方々が用意してくれる食事だけでなくその存在にも今まで以上に感謝できるようになるかも知れません。

アメリカでホームステイをすることはあなたの世界観やものの見方を広げてくれるだけでなく、あなた自身をひとつ大人にしてくれるものだと信じています。

アメリカのホームステイではこれからの人生で自分で何を取捨選択していくのか考えるきっかけになりますね。

おわりに


アメリカでホームステイをする場合に高校生が気をつけたいことを食事の面からご紹介してきました。高校生のうちにアメリカでホームステイができるのはとても貴重な体験ですよね。

アメリカでは日本以上にいろいろな家庭がありますし、食事上も大幅に違います。カルチャーショックを受けるかもしれませんがそれがホームステイの醍醐味でもありますよね。

ぜひあなたの今後の生活に活かせるような小さな国際交流の場を広げていってくださいね。


あなたのアメリカ野菜生活が充実しますように♡♡♡

コメント

このブログの人気の投稿

アメリカじゃがいも|種類ありすぎ!使い方は?【保存版】

アメリカのじゃがいもは種類がたくさんあって使い方がわからずにいませんか? また、どのじゃがいもがどんな料理に合うのか悩みますよね。 日本の2大じゃがいもである、 ● 男爵(だんしゃく)・・・ほくほくして煮崩れし易い ●メークイン・・・しっとりして煮崩れしにくい と覚えましたがアメリカのじゃがいもはどうなのでしょうか。煮崩れしにくいじゃがいもはどれ?逆に、煮崩れしやすいじゃがいもは? 今回は私の在米生活で学んできたアメリカのじゃがいもの種類とそれぞれの使い方をご紹介します。 1.アメリカで一番出回っているじゃがいも ラセットポテト / russet potato ●別名その1:baking potato(ベーキングポテト)=焼き料理に向いているため    ●別名その2:Idaho(R) potato(アイダホポテト)=同じラセットポテトでもアイダホ州で収穫されたものだけが「アイダホポテト」と呼ばれる権限があります。 *(R)は登録商標です。 ●向いている料理法:オーブン・グリルで焼く、油で揚げる ●特徴:価格が安い、ほくほくしている(粉ふきいも、コロッケ向き)煮崩れしやすい アメリカのじゃがいもの中で一番安価で一番出回っているじゃがいもです。 だいたい大きさがそろっていることが多いので使いやすいのですが、煮物や汁物に使ってしまうと溶けてしまうほど煮崩れしやすいので注意してください。 私は味噌汁に入れてよく溶かしてしまっています・・・。 食感はほくほく系で日本の男爵 なんですけれどね。 ラセットポテトはオーブンやグリルで焼いたり油で揚げたりする調理法が賢明です。 また、レストランなどで皮付きのフライドポテト(フレンチフライ)が出る場合はこのラセットポテトを使っています。 2.アメリカのじゃがいも万能選手 イエローポテト / yellow potato ●別名1:Yukon Gold (ユーコンゴールド) ●別名2:All-purpose (オールパーパス / 多目的)potato ●向いている調理法:ほぼ全て ●特徴:若干しなびやすい アメリカで 煮物やカレー を作りたかったらこのイエローポテトを使いましょう。じゃがいも自体はしっかりしてい

トマト赤くならない冬の対処法と青トマトの活用レシピ3選

トマトは冬になるとなかなか赤くなりませんよね。気温が下がると家庭菜園のトマトは青い実がただ単に 何日もぶら下がっているだけ 。 そこから先、熟す様子もありません。そのうちに霜が降りると青いまま凍ってしまい、暖かい日が来ると解凍されてぐちゃぐちゃ。 そんな、トマトが赤くならない冬にどうしたらトマトを赤くできるかご紹介します。最悪どうしてもトマトが赤くならない場合の簡単レシピも3つつけました。是非最後までご覧ください。 トマト赤くならない冬 実を取って放置   キッチンカウンターの上などで様子見 トマトは花が咲いて実がなり、赤なるまでに 累計で800℃~1200℃の温度が必要 なんだそうです。 もちろん、 累計(少しずつの合計数) でなければならないので、トマトをガラスが溶けるような高温にさらしたからと言って一気に熟すわけではありません。 累計温度が積み重なるので毎日暑い夏はトマトが赤く熟すまで時間がかからないわけですね。逆に冷夏だと日照時間が少ないうえに累計温度も上がっていきません。 それで 冬はなかなか赤くならない わけです。 外では暖かい日が少なくなるだけでなく、トマト自体が凍結の可能性も。 それなので、気温が下がってきて「もうこれ以上青いトマトを取っておいても凍ってしまうだけだ」と判断した日に青いトマトは 全部取って しまいましょう。 私は一度家庭菜園のトマトの木にトマトをならせたまま凍らせてしまいました。 暖かくなった日に解凍されたらぐちゃぐちゃになった上、一日放っておいたら変なにおいもして食べられる状態ではなくなってしまいました。 カウンター上で追熟が進む そんなわけで、秋も終わる頃に「まだ自然に放っておけば赤くなるかも」と望みを込めたトマトも寒い日がここそこに出てきたら 取ってしまうのが一番 です。 なぜなら今度は凍結の恐れが出てくるから。凍結してしまえば家庭菜園のトマトは全部ダメになってしまいます。 ここで一か八か青いトマトを全部取って、 今シーズンは終了 ということにします。 私の今シーズン最後に収穫した青い7個のミニトマト。腐るわけでもなくすぐに追熟するわけでもなく、ただただ2ヶ月青いままカウンターに鎮座していました。 するとあ

アメリカ野菜で代用できる和食向き野菜5選!

アメリカで生活している限り、野菜の代用を余儀なくされることがあります。 日本でも定番のじゃがいも、にんじん、玉ねぎなどは 「アメリカ|スーパーで日本と同じ野菜【使い方のヒント付】」 書きましたがアメリカでも売っています。でもいくつかの野菜は 似て非なるもの だったりします。 今回は多少日本の野菜と似ているからこそ同じように使えるアメリカ野菜の代用品をご紹介します。   アメリカ野菜 かぶの代用は?   turnip(ターニップ) アメリカのかぶは日本のかぶより2、3倍大きいものも多いです。 茎に近い部分が紫色で実は苦味が強く、そのまま使っても苦味が強く出てしまいます。 苦味が好きな方はいいですが 生食でも甘みのある日本のかぶをイメージしないほうがいい ですね。 味が薄めで油を使わない味噌汁など使う時は一度お湯で ゆがいて から(煮たお湯を捨てる)と多少アメリカのかぶの苦味が薄れます。 かぶのクリーム煮やトマトソース煮など こってり系で油を使う料理法 の方が苦味を感じることも少ないです。   アメリカ野菜 白菜の代用は?   savoy cabbage(サヴォイキャベッジ) 白菜の代用のサヴォイキャベツは今回の私のイチオシです。このサヴォイキャベツはまさにキャベツと白菜の中間なのです。 白菜の代用だけでなくキャベツの代用としても使えて とても便利です。 しかも、1パウンド(約450g)あたり$1.5(約150円)前後かそれ以上する白菜に比べ、このサヴォイキャベツは$0.7~$0.8(約80円)ほどと 値段も白菜の約半分 です。 また白菜はだいたいどのスーパーでも見るようになりましたがまだまだある時とないとき、質が悪かったりあまりに小ぶりだったり、となかなか「これは!」と思うものが見つからないときが多いです。 それに比べこのサヴォイキャベツは継続的に店頭に並びますし、品質も安定しています。使ったことのない方は是非使ってみてください。 サヴォイキャベツ利用に際しての注意ですが、 白菜やキャベツより葉が硬い ので 生食にはむいていません 。   アメリカ野菜 長ねぎの代用は?   leek(リーク)   長