スキップしてメイン コンテンツに移動

トマトサルサレシピ人気【南米出身者直伝】と食べ方15種


トマトサルサレシピで人気のものをご紹介します。

基本は簡単なものばかり。

私はアメリカで本場南米出身のお料理上手の奥様からこのレシピを教えてもらいました。

それ以来、「このトマトサルサ、すんごくおいしい!」「このトマトサルサは何が入っているの!?」と聞かれてどこでも大人気!


人気の秘訣は材料をシンプルにとどめておくところなのかも知れません。


トマトサルサレシピ人気ナンバーワン

シンプルサルサ

必要なものは5つだけ(約4~6人前)
〈材料〉
①ローマトマト 5~6個
②紫玉ねぎ   1/4~1/6個(白玉ねぎを使う場合は5分ほど水にさらしても)
③ハラペーニョ 半分から1本(辛いのOKな方はもっと!)
④塩
⑤ライム(なければレモンでもOK)

●きゅうり(ハラペーニョを入れないときは青み足しに)


〈トマトサルサ人気レシピ作り方〉

1.材料①~③を細かいみじん切りにする(トマトは若干大きめでもOK)。

2.塩と、あればライム汁(またはレモン。この場合は少し甘く感じるかも)を加えて全体を混ぜる。

3.30分~1時間冷蔵庫で味をなじませられるとベスト


*ハラペーニョは種が辛いので取り除きます。


*青味を足すときにはイングリッシュキューカンバーペルジャン(ミニ)キューカンバーなどパキッとした食感のきゅうりを足すと良いです。

きゅうりの代わりにピーマン(緑パプリカ)を入れてもいいですが、きゅうりの方が他の味に影響しないので私は気に入っています。


トマトサルサはトマトにこだわれば失敗なく人気

コツ:「ローマトマトを使う!以上!」


ここに書くことはないかもしれません。

というのもトマトサルサに使うトマトはローマトマトであれば必ずおいしいトマトサルサができるのです。

他のトマトだと包丁を良く研いでも切るときにつぶれやすくきれいに作るのが難しいんです。

それに味もなんだか甘ったるくなってしまいます。

でもローマトマトだと甘さがきつすぎずにおいしいサルサを作ることができます。

ローマトマトを半分に切ったら必ず中のゼリー状の種の部分を出すことがポイントです。

種は時間が経つと苦味が出たり、水っぽくなったりしてしまいます。

料理番組などでは種をシンクの上でギュッと絞って捨ててしまいますが、私はもったいないのでトマト好きの家族に食べて(飲んで?)もらっています

中のゼリー状の種はお好きな方法で利用してください。

あとでスープにしてもいいですよね。


トマトサルサ レシピは人気なのは筋肉を使うから?


おいしいのは自力でみじん切り

フードプロセッサーがあれば3秒以内にできてしまうかもしれないトマトサルサ。

でも、こればかりは自力でみじん切りをしていただきたいです。

色々手作りのトマトサルサを食べてきましたが、フードプロセッサーだと一つ一つが細かくなりすぎる上、水っぽくなりすぎます。

面倒ですが、3mm~5mmくらいの細かいみじん切りにしたサルサが最高においしい!

チップスにも絡みつきやすく、余ったときに他の料理に使うにも包丁を使った自力のみじん切りにかなう味・食感にはなりません。

本当に時間がないときはフードプロセッサーを使っても良いですよ。

でも時間が取れる場合やなるべく「おいしい!」と言われるトマトサルサを作りたい場合は自力でみじん切りをするしかありません。


*包丁はよく切れるようにしておいたほうが逆に安全です。


トマトサルサレシピ人気の使い方 


他の料理と食べてみる

このトマトサルサは人気でたくさん作ってもほとんど残ることはないのですが、万が一少し残ったときの食べ方の例をいくつか出してみますね。

また、こちらの例に出した料理に使うためにトマトサルサを作っても良いかも知れません。

お弁当の彩りに使ってもきれいです。

トマトサルサが気に入ったら常備菜にしても良いでしょう。

煮込み系の料理に新鮮な野菜を加えたい時や赤味足し、ホワイトソースの味との対比など使い方も様々。どう使ってもおいしいですよ。

〈順不同、思いつくままに出してみます〉


①オムレツの上にかける

②オムレツの中に入れる

③タコスの上にはもちろん

④エンチラーダなど、味がちょっとボーっとしてしまう料理の上にも

⑤スープの上にちらす

⑥キャセロールなど大皿料理に投入または上に散らす

⑦全体がクリーム風味の料理のアクセントに

⑧ホットドッグに散らす

⑨ハンバーガーにはさむ

⑩炊いたキヌアと混ぜてキヌアサラダに

⑪肉や魚の上に散らす

⑫2枚のパンとチーズにはさんで加熱。グリルチーズにする。

⑬クラッカー、スライスしたきゅうりやチーズに載せて前菜風

⑭チャーハンの最後に投入

⑮ミートソースの上に載せて煮込まれたトマトと新鮮なトマトの対比を楽しむ



他にもまだまだありますが、こんなところがトマトサルサのチップスと食べる以外の利用方法でしょうか。

トマトの赤みがきれいで生玉ねぎも入っているのでさっぱりとしているのに深みのあるおいしさで本当に色々使えます。


あなたも意外な使い方を発掘してみませんか?

おわりに

トマトサルサは南米の料理。私たちには馴染みがないですよね。

他国籍の料理って興味があっても正しい味とはどういうものかがわからなくて敬遠してしまいます。

私もアメリカに住み始めてからしばらくはトマトサルサは買うものだと思い込み、ジャー(瓶詰め)のサルサを使っていました。

そしてある時このトマトサルサの人気レシピに出会ったのです。

”使うトマトは必ずローマトマト”というちょっとしたコツを得てからはどの人に出しても喜んでもらえるトマトサルサが作れるようになりました。

基本のトマトサルサ作りに慣れたらあなたのお好みのものを足したり引いたりしてあなたバージョンのトマトサルサを作ってみてはいかがでしょうか?

関連記事
「トマトスープ酸っぱい時の対処法ランキング!」

「トマト赤くならない冬の対処法と青トマトの活用レシピ3選」

「アメリカ・カット野菜目からウロコのアイデア集!」

「アメリカ野菜ドレッシング種類は?変わった使い方って?」

「アメリカサラダ野菜|レタス6選!」


あなたのアメリカ野菜生活が充実しますように♡♡♡

コメント

このブログの人気の投稿

アメリカじゃがいも|種類ありすぎ!使い方は?【保存版】

アメリカのじゃがいもは種類がたくさんあって使い方がわからずにいませんか? また、どのじゃがいもがどんな料理に合うのか悩みますよね。 日本の2大じゃがいもである、 ● 男爵(だんしゃく)・・・ほくほくして煮崩れし易い ●メークイン・・・しっとりして煮崩れしにくい と覚えましたがアメリカのじゃがいもはどうなのでしょうか。煮崩れしにくいじゃがいもはどれ?逆に、煮崩れしやすいじゃがいもは? 今回は私の在米生活で学んできたアメリカのじゃがいもの種類とそれぞれの使い方をご紹介します。 1.アメリカで一番出回っているじゃがいも ラセットポテト / russet potato ●別名その1:baking potato(ベーキングポテト)=焼き料理に向いているため    ●別名その2:Idaho(R) potato(アイダホポテト)=同じラセットポテトでもアイダホ州で収穫されたものだけが「アイダホポテト」と呼ばれる権限があります。 *(R)は登録商標です。 ●向いている料理法:オーブン・グリルで焼く、油で揚げる ●特徴:価格が安い、ほくほくしている(粉ふきいも、コロッケ向き)煮崩れしやすい アメリカのじゃがいもの中で一番安価で一番出回っているじゃがいもです。 だいたい大きさがそろっていることが多いので使いやすいのですが、煮物や汁物に使ってしまうと溶けてしまうほど煮崩れしやすいので注意してください。 私は味噌汁に入れてよく溶かしてしまっています・・・。 食感はほくほく系で日本の男爵 なんですけれどね。 ラセットポテトはオーブンやグリルで焼いたり油で揚げたりする調理法が賢明です。 また、レストランなどで皮付きのフライドポテト(フレンチフライ)が出る場合はこのラセットポテトを使っています。 2.アメリカのじゃがいも万能選手 イエローポテト / yellow potato ●別名1:Yukon Gold (ユーコンゴールド) ●別名2:All-purpose (オールパーパス / 多目的)potato ●向いている調理法:ほぼ全て ●特徴:若干しなびやすい アメリカで 煮物やカレー を作りたかったらこのイエローポテトを使いましょう。じゃがいも自体はしっかりしてい

トマト赤くならない冬の対処法と青トマトの活用レシピ3選

トマトは冬になるとなかなか赤くなりませんよね。気温が下がると家庭菜園のトマトは青い実がただ単に 何日もぶら下がっているだけ 。 そこから先、熟す様子もありません。そのうちに霜が降りると青いまま凍ってしまい、暖かい日が来ると解凍されてぐちゃぐちゃ。 そんな、トマトが赤くならない冬にどうしたらトマトを赤くできるかご紹介します。最悪どうしてもトマトが赤くならない場合の簡単レシピも3つつけました。是非最後までご覧ください。 トマト赤くならない冬 実を取って放置   キッチンカウンターの上などで様子見 トマトは花が咲いて実がなり、赤なるまでに 累計で800℃~1200℃の温度が必要 なんだそうです。 もちろん、 累計(少しずつの合計数) でなければならないので、トマトをガラスが溶けるような高温にさらしたからと言って一気に熟すわけではありません。 累計温度が積み重なるので毎日暑い夏はトマトが赤く熟すまで時間がかからないわけですね。逆に冷夏だと日照時間が少ないうえに累計温度も上がっていきません。 それで 冬はなかなか赤くならない わけです。 外では暖かい日が少なくなるだけでなく、トマト自体が凍結の可能性も。 それなので、気温が下がってきて「もうこれ以上青いトマトを取っておいても凍ってしまうだけだ」と判断した日に青いトマトは 全部取って しまいましょう。 私は一度家庭菜園のトマトの木にトマトをならせたまま凍らせてしまいました。 暖かくなった日に解凍されたらぐちゃぐちゃになった上、一日放っておいたら変なにおいもして食べられる状態ではなくなってしまいました。 カウンター上で追熟が進む そんなわけで、秋も終わる頃に「まだ自然に放っておけば赤くなるかも」と望みを込めたトマトも寒い日がここそこに出てきたら 取ってしまうのが一番 です。 なぜなら今度は凍結の恐れが出てくるから。凍結してしまえば家庭菜園のトマトは全部ダメになってしまいます。 ここで一か八か青いトマトを全部取って、 今シーズンは終了 ということにします。 私の今シーズン最後に収穫した青い7個のミニトマト。腐るわけでもなくすぐに追熟するわけでもなく、ただただ2ヶ月青いままカウンターに鎮座していました。 するとあ

アメリカ野菜で代用できる和食向き野菜5選!

アメリカで生活している限り、野菜の代用を余儀なくされることがあります。 日本でも定番のじゃがいも、にんじん、玉ねぎなどは 「アメリカ|スーパーで日本と同じ野菜【使い方のヒント付】」 書きましたがアメリカでも売っています。でもいくつかの野菜は 似て非なるもの だったりします。 今回は多少日本の野菜と似ているからこそ同じように使えるアメリカ野菜の代用品をご紹介します。   アメリカ野菜 かぶの代用は?   turnip(ターニップ) アメリカのかぶは日本のかぶより2、3倍大きいものも多いです。 茎に近い部分が紫色で実は苦味が強く、そのまま使っても苦味が強く出てしまいます。 苦味が好きな方はいいですが 生食でも甘みのある日本のかぶをイメージしないほうがいい ですね。 味が薄めで油を使わない味噌汁など使う時は一度お湯で ゆがいて から(煮たお湯を捨てる)と多少アメリカのかぶの苦味が薄れます。 かぶのクリーム煮やトマトソース煮など こってり系で油を使う料理法 の方が苦味を感じることも少ないです。   アメリカ野菜 白菜の代用は?   savoy cabbage(サヴォイキャベッジ) 白菜の代用のサヴォイキャベツは今回の私のイチオシです。このサヴォイキャベツはまさにキャベツと白菜の中間なのです。 白菜の代用だけでなくキャベツの代用としても使えて とても便利です。 しかも、1パウンド(約450g)あたり$1.5(約150円)前後かそれ以上する白菜に比べ、このサヴォイキャベツは$0.7~$0.8(約80円)ほどと 値段も白菜の約半分 です。 また白菜はだいたいどのスーパーでも見るようになりましたがまだまだある時とないとき、質が悪かったりあまりに小ぶりだったり、となかなか「これは!」と思うものが見つからないときが多いです。 それに比べこのサヴォイキャベツは継続的に店頭に並びますし、品質も安定しています。使ったことのない方は是非使ってみてください。 サヴォイキャベツ利用に際しての注意ですが、 白菜やキャベツより葉が硬い ので 生食にはむいていません 。   アメリカ野菜 長ねぎの代用は?   leek(リーク)   長