スキップしてメイン コンテンツに移動

アメリカ|野菜洗うでしょ!?洗わなくて良い野菜もあるの?

アメリカ 野菜 洗う


アメリカでは野菜を洗う必要がないのでしょうか。

中には「きれいに見えるから大丈夫」という理由で野菜を全く洗わない人もいてびっくりしますよね。

料理番組などを見ていると野菜を洗わずにパパッと作っています。
そんな様子を見るとますますアメリカの野菜はきれいだから洗わなくてもいいんじゃないかなんて思ってしまいます。

まさか、本当にきれいに見えれば洗わなくてもいいのでしょうか。

この疑問を詳しく見ていきます。

意外!?パックされているサラダ野菜は洗わない!

アメリカ 野菜 洗う

すでに洗浄済みです

パッケージに

●washed(洗浄済み)
●ready to eat/serve(すぐに食べられる / 食卓に出せる)


という文字があるサラダ野菜はそれ以上洗わないで使いましょう。

洗ってしまうことで逆にボウルの汚れやシンクから飛び散った汚れがついてしまうことがあります。

日本人はどうしても「水で汚れを流す」のが好きですからどうしても洗いたくなる気持ちはわかります。

でも、アメリカのパックされているサラダ野菜はwashed(洗浄済み)と記されてある限りは洗うべきではありません

洗って水滴がつくことでサラダ野菜が早く傷んでしまう原因にもなります。

使うだけ乾いたトングや菜ばしで取り出して残りはそのまま冷蔵庫へ。

もちろん一度開封したら早めに使い切りましょう。




パックされていても洗う野菜がある?


アメリカ 野菜 洗う

特に洗浄済みではないから


ぶどう、りんご、ファーマーズマーケットや農家から直接買ったサラダ野菜などはプラスチックの箱や袋に入っていたとしても洗うようにしましょう。

野菜や果物を出荷する際にきれいにするという意味で洗浄はされていますが、すぐに食べられるという意味ではないからです。

そうは言ってもアメリカではりんごは服のすそで拭いたくらいで食べてしまう人も多いですよね。

表面が比較的つるつるしていて汚れが目立たないためそうする人もいるだけ。

見える汚れだけでなく、目に見えない汚れもあるのでおすすめできません。

やはりぶどうやりんごのような果物、工場で洗浄されていないタイプのサラダ野菜は食べる前にしっかりと洗ったほうが賢明です。

アメリカには「土では死なない」という言葉があります

”土を食べたくらいでは死なないから多少の汚れは気にするな”という意味です。

とはいえ、現在の農業形態では野菜や果物についているのは土だけというのはちょっと考えにくいですね・・・。

収穫時だけでなく移動時の汚れもあると心得る

アメリカ 野菜 洗う


中身だけを食べる果物の表皮もしっかり洗おう


メロンやすいかなど、基本的に中身だけを食べる果物がありますよね。

中身だけを食べるので外側の汚れを気にしない人もいますが、皮の汚れは外で使われたサッカーボールくらいだと思ったほうがいいでしょう。

ナイフで切る工程でどうしても汚れた皮を触った手で中身に触れてしまいます。

メロンやすいかなど中身だけ食べる果物はまな板の上にのせる前にまずはしっかりと皮を洗う必要があります。

アメリカのなすなどの野菜も結構大きいので気をつけないと洗う前にまな板に置いてしまったりしませんか?

意識してまな板に置くより先に洗うようにします。

アメリカの大きな野菜や果物をまずは半分に切ったりヘタを取ったりして洗いやすくしたい気もしますが、まずは必ず丸のままで洗うクセをつけましょう。

玉ねぎなどシンクで上下を切り落としてから皮をむいて洗うと清潔に扱えます。

サラダ野菜とレタスは別物

アメリカ 野菜 洗う

カットしてなければ洗うべし


パック済みのサラダ野菜は洗う必要がないと言いました。

でもそれはカットも洗浄もされた、ボウルにあければすぐに食べられるタイプのサラダ野菜に限ります。

袋にパックされていてもロメインレタスなどレタス一本がカットされておらず、丸々入っている場合は洗います。


パッケージには

●wash before use(使用前に洗う)
と明記されているものも多く、必ずそれに従って野菜を洗います。

もしあなたが英語があまり得意でないとしても普段からアメリカで発生しやすい大腸菌の名前などを調べておいて損はないでしょう。

万が一注意喚起があったらその特定の野菜や果物は商品回収が行われて店頭になくなります。残念ながら事態が落ち着くまでは食べないようにするしか手立てがありません。

また対象の野菜や果物をすでに買ってしまったけれどまだ食べていないという時は換金してくれるところがほとんどですのでスーパーにレシートを持って行ってたずねてみましょう。

アメリカで特定の野菜や果物に注意喚起が出た時はいつにも増して野菜や果物の取り扱いや洗い方に気をつけるようにしましょう。

おわりに


アメリカ野菜の洗うものをご紹介してきました。

おさらいすると、アメリカで洗わなくて良い野菜はパック済みでカット済みのサラダ野菜のみでしたね。

他はまな板にのせるまに必ずきれいに洗います。

洗う時もシンクの隣のまな板まで飛び散らないようにやさしく、しっかりと洗いましょう。




関連記事
「アメリカ野菜|生で食べる?度肝を抜かれる野菜6選!」



あなたのアメリカ野菜生活が充実しますように♡♡♡

コメント

このブログの人気の投稿

トマトスープ酸っぱい時の対処法ランキング!

トマトスープが酸っぱい時飲みづらくて困ってしまいます。今回は私が簡単にできてトマトスープの味をマイルドにする効き目があると思うものをランキングでご紹介します。 生のトマトを使うときは 種とまわりのゼリーのところは取りましょう。そこが酸っぱいと感じるところです。ここでは トマト缶を使うことを前提 としています。 是非最後までよく読んで頭に入れておいてくださいね!     トマトスープ酸っぱい時 単に甘みを加えよう   意外にもイタリア料理で砂糖使用OK!   第一位 ほんの一さじの砂糖     正直この 小さじ1~大さじ1ぱい程度の砂糖 でこんなにトマトスープが酸っぱい時に効き目があるとは思いもしませんでした。 長年私は「イタリア料理には一切砂糖を使ってはいけない」と信じてきました。 それなのに少しの砂糖でトマトスープが食べやすくなってびっくりしました。もちろん パスタソースでトマト缶を使った時も対処法方は同じ です。 私の友人がイタリアにいるのですが、なんと本場イタリアでも 隠し味としては 砂糖を使う そう。 アメリカの甘~い既製品になれていると逆にイタリアの本物の味は衝撃に感じるのかも知れませんが、ほんのちょっとなら酸味が消えて食べやすくしてくれます。 私は普段はブラウンシュガーを使いますが、グラニュー糖を使う時もあります。気分で選んだりどちらかを切らしていたりと理由はまちまちです。 それと、砂糖の話が出たので言っておきますがアメリカには 上白糖はありません。 代わりの白砂糖は全て グラニュー糖 になります。上白糖を血眼になって探さないようにしてください。 第二位 ほんの一カケ。チーズの硬い皮   パルミジアーノ・レッジアーノやパルメザンチーズにはチーズを熟成している時に 硬くなる外側の皮 がありますよね。もちろんそのままでは 硬くて食べることができません 。 とても硬くてチーズ削りで削ろうとしても削れないので 捨ててしまう 方が多いでしょう。 でもチーズの外皮の削れない硬い部分はトマトスープに足すと、 酸っぱさを緩和して味に深み を与えてくれるのです。 これはイタリア系アメリカ人の知人に聞いたコツです。イタリアにはあまりもの

アメリカ野菜で代用できる和食向き野菜5選!

アメリカで生活している限り、野菜の代用を余儀なくされることがあります。 日本でも定番のじゃがいも、にんじん、玉ねぎなどは 「アメリカ|スーパーで日本と同じ野菜【使い方のヒント付】」 書きましたがアメリカでも売っています。でもいくつかの野菜は 似て非なるもの だったりします。 今回は多少日本の野菜と似ているからこそ同じように使えるアメリカ野菜の代用品をご紹介します。   アメリカ野菜 かぶの代用は?   turnip(ターニップ) アメリカのかぶは日本のかぶより2、3倍大きいものも多いです。 茎に近い部分が紫色で実は苦味が強く、そのまま使っても苦味が強く出てしまいます。 苦味が好きな方はいいですが 生食でも甘みのある日本のかぶをイメージしないほうがいい ですね。 味が薄めで油を使わない味噌汁など使う時は一度お湯で ゆがいて から(煮たお湯を捨てる)と多少アメリカのかぶの苦味が薄れます。 かぶのクリーム煮やトマトソース煮など こってり系で油を使う料理法 の方が苦味を感じることも少ないです。   アメリカ野菜 白菜の代用は?   savoy cabbage(サヴォイキャベッジ) 白菜の代用のサヴォイキャベツは今回の私のイチオシです。このサヴォイキャベツはまさにキャベツと白菜の中間なのです。 白菜の代用だけでなくキャベツの代用としても使えて とても便利です。 しかも、1パウンド(約450g)あたり$1.5(約150円)前後かそれ以上する白菜に比べ、このサヴォイキャベツは$0.7~$0.8(約80円)ほどと 値段も白菜の約半分 です。 また白菜はだいたいどのスーパーでも見るようになりましたがまだまだある時とないとき、質が悪かったりあまりに小ぶりだったり、となかなか「これは!」と思うものが見つからないときが多いです。 それに比べこのサヴォイキャベツは継続的に店頭に並びますし、品質も安定しています。使ったことのない方は是非使ってみてください。 サヴォイキャベツ利用に際しての注意ですが、 白菜やキャベツより葉が硬い ので 生食にはむいていません 。   アメリカ野菜 長ねぎの代用は?   leek(リーク)   長

アメリカじゃがいも|種類ありすぎ!使い方は?【保存版】

アメリカのじゃがいもは種類がたくさんあって使い方がわからずにいませんか? また、どのじゃがいもがどんな料理に合うのか悩みますよね。 日本の2大じゃがいもである、 ● 男爵(だんしゃく)・・・ほくほくして煮崩れし易い ●メークイン・・・しっとりして煮崩れしにくい と覚えましたがアメリカのじゃがいもはどうなのでしょうか。煮崩れしにくいじゃがいもはどれ?逆に、煮崩れしやすいじゃがいもは? 今回は私の在米生活で学んできたアメリカのじゃがいもの種類とそれぞれの使い方をご紹介します。 1.アメリカで一番出回っているじゃがいも ラセットポテト / russet potato ●別名その1:baking potato(ベーキングポテト)=焼き料理に向いているため    ●別名その2:Idaho(R) potato(アイダホポテト)=同じラセットポテトでもアイダホ州で収穫されたものだけが「アイダホポテト」と呼ばれる権限があります。 *(R)は登録商標です。 ●向いている料理法:オーブン・グリルで焼く、油で揚げる ●特徴:価格が安い、ほくほくしている(粉ふきいも、コロッケ向き)煮崩れしやすい アメリカのじゃがいもの中で一番安価で一番出回っているじゃがいもです。 だいたい大きさがそろっていることが多いので使いやすいのですが、煮物や汁物に使ってしまうと溶けてしまうほど煮崩れしやすいので注意してください。 私は味噌汁に入れてよく溶かしてしまっています・・・。 食感はほくほく系で日本の男爵 なんですけれどね。 ラセットポテトはオーブンやグリルで焼いたり油で揚げたりする調理法が賢明です。 また、レストランなどで皮付きのフライドポテト(フレンチフライ)が出る場合はこのラセットポテトを使っています。 2.アメリカのじゃがいも万能選手 イエローポテト / yellow potato ●別名1:Yukon Gold (ユーコンゴールド) ●別名2:All-purpose (オールパーパス / 多目的)potato ●向いている調理法:ほぼ全て ●特徴:若干しなびやすい アメリカで 煮物やカレー を作りたかったらこのイエローポテトを使いましょう。じゃがいも自体はしっかりしてい