スキップしてメイン コンテンツに移動

アメリカ野菜不足解消法!【出張&旅行編】

アメリカ 野菜不足


アメリカで野菜不足解消するにはどうしたら良いのでしょう。特に出張や旅行で比較的短期で滞在をする時にどのように野菜不足を解消していったらよいのかご紹介します。

「せっかくアメリカに来たのだから」というのはわかりますが、時間の許す限り油や炭水化物たっぷりのアメリカらしい食べ物を堪能してしまうと急激な体重増加や肌荒れにつながってしまうでしょう。また、パワフルに動き回りたいときになかなか調子が出ないということも考えられます。

では早速、外食続きでも野菜不足を解消できる方法とそのコツを見ていきましょう。

 

 

1.アメリカ野菜不足解消|朝食編

 

1-1.オートミールや果物を優先

 


アメリカ 野菜不足


アメリカで野菜不足を解消するのは意外と簡単です。朝食には最近その健康効果から人気のオートミール(燕麦(えんばく)のおかゆ)とフルーツ、サラダなどを選んで食べましょう。

アメリカ滞在といえば油分が気になる方はいるかもしれませんが、良質な油は採った方がいいですね。もし、ホテルやレストラン自慢のエクストラバージンオリーブオイルなどがあるならば、サラダや温野菜にかけて食べてみてください。

アメリカでの短期滞在を健康に有意義に過ごすため、念には念を入れるとしたら皮をむいていないバナナや丸ごとのりんご、オレンジなどを選ぶと良いでしょう。


 

 

1-2.ダイナーでは野菜たっぷりのオムレツを探す




アメリカ 野菜不足

 
アメリカらしい雰囲気が楽しめるといえば、朝のダイナーでしょう。ダイナーとはレストランより「食堂」といった感じの気軽に食事ができる場所です。

もちろんアメリカらしい場所なので、ベーコン・ソーセージ・目玉焼きかスクランブルドエッグなどにパンやパンケーキといったものが主流です。

でもそんなダイナーでもメニューにオムレツがあるはずですので探しましょう。特定の野菜のみ(ブロッコリー入りオムレツやマッシュルーム入りオムレツなど)が入ったものから、様々な野菜が入っているベジタリアンオムレツもたくさんあります。

野菜がオムレツからはみ出すくらいたくさん入っていることが期待できるので、それを選びましょう。


 

 

1-3.カフェではセットのサラダにスムージー

 

アメリカ 野菜不足

 

カフェと聞くとおしゃれなイメージがありますよね。おしゃれということはイコール、働き盛りで健康志向の客層をターゲットにしているとも言えます。

ここでもベーグルなど脂質の少ないパンにサラダなどがついたセットを注文することができます。

コーヒーもいいですが、スムージーなどもその場で作ってくれたりします。色々な種類があるので迷ってしまいますが、せっかくアメリカにいるのなら普段日本でなかなか見ない野菜や果物の組み合わせの飲み物にも挑戦してみてはどうでしょう。

野菜や果物不足が気になる人は是非飲み物でも取り入れてみてください。今やアメリカの朝食はオレンジジュースだけではありませんよ。

 

 

 

2.アメリカ野菜不足解消|昼食編


2-1.ファーストフードも野菜たっぷりにできる

 

アメリカ 野菜不足


実はここ数年の間にアメリカでファーストフードを食べることはそんなにかっこいいことではなくなってしまったのですが、スピードと手軽さ、それに本家本元であるアメリカのファーストフードを食べたい気持ちはわかります。

チェーン店では世界中で同じ味に統一されているはずですが、やはりハンバーガーのサイズが違ったりそのお国特有メニューもありますからね。

最近ではファーストフード店においてセットメニューがお得という概念も崩れてきました。「お得」を追求するために半ば強制的にフライドポテトを食べる時代は終わったのです。

確かにフライドポテトはジャガイモからできていますかられっきとした野菜なんですが、通常毎日食べるべきものではありませんよね。サラダなども豊富でフライドポテトの代わりにオーダーすればアメリカでの野菜不足解消に有効です。

 

 

 

2-2.コンビニによっては野菜たっぷりホーギー(サブ)あり

 

アメリカ 野菜不足


アメリカのコンビニ全てではないのですが、お店によってはデリカウンターがあり、テイクアウト(持ち帰り)用にホーギー(サブ)をその場で作ってくれるところがあります。

ホーギー(サブ)は細長いパンの間にお好きなハムやサラミに加え、たくさんの野菜が挟まっているサンドイッチのようなものです。

ミートボールやフィリーチーズステーキなど温かいホーギー(サブ)もあります。温かいものは肉中心が多いです。

一般的にホーギーはアメリカ東側英語、サブは西側英語と言われますが間違えて言ったとしてもわかってもらえると思います。このホーギー(サブ)も本当にたくさん野菜が入っていますので、一般的なサンドイッチよりアメリカでの野菜不足解消に向いているといえるでしょう。



 

2-3.スーツ姿でも問題なし!食品スーパーで野菜不足解消



アメリカ 野菜不足


旅行の人は好きなものを着られるからいいとして、出張中でスーツを着ていてもアメリカのスーパーでは浮きません

男性でも女性でもスーツ姿での買い物はごくごく普通でからドキドキする必要はありません。朝昼夜いつでもなんとも思われないのでご安心ください。

 

 

●好きなだけ取れるサラダバー




アメリカ 野菜不足

特にお昼時は日本式の惣菜やお弁当はないにしろ、健康に気を使う人たちがサラダや寿司などを買いに来ます。

開ければすぐに食べられるサラダやラップ類が売っています。

大きなスーパーになるとサラダバーに加えて他のアメリカ惣菜があり、好きなものを好きなだけ容器に入れてレジで重さを量ってもらいます。

1パウンド(約450g)いくら、という感じで計算されます。あれもこれもと取っていると結構すぐに重くなってしまいます。入れすぎには注意しましょう。

 

 

 ●野菜たっぷりのラップ(wrap)

 

アメリカ 野菜不足


スーパーだけでなく、ファーストフード店やカフェでも最近は野菜摂取に積極的な顧客のためにラップ(「包む」の意味、wraps)と言って、小麦粉でできたトルティーヤの皮にこれでもかと言うほど野菜や肉などを詰めてクルクルと巻かれたものが売られています。

サラダだけでは物足りない時や、一品で適度なバランスをとりたい時にとても便利です。



 

3.アメリカ野菜不足解消|夕食編

 

3-1.中華料理もアメリカ風で野菜がたっぷり

 

アメリカ 野菜不足


日本にいるときのように野菜炒めなら野菜を一度に大量に食べられるから即野菜不足解消できるのに・・・と思いませんか?

そんな時は是非アメリカの中華料理を食べてみてください。

せっかくアメリカに来てまで中華料理?
と思うなかれ。

日本の中華が日本風にアレンジしてあるように、アメリカの中華料理もアメリカ人受けするようにアメリカ風の味付けになっているのです。

野菜で例えると、野菜炒めや中華風焼きそばにセロリやブロッコリーが使われています。味付けも野菜炒めから焼きそばまで日本の中華料理とは一味違うのです。

店舗の席で食べてもいいですし、テイクアウト(持ち帰り)してもいいでしょう。

場所によってはバイキング(ビュッフェ)形式で食べ放題もあります。
中華料理はアメリカで野菜不足を解消する絶好のチャンスです。

 

 

アメリカにいるとどうしてもパンやパスタの日が増えるから


中華料理ではパラパラしたごはんがつくことが多いのですが、最近はその色からブラウンライスと呼ばれる玄米を選べる中華料理店もあります。

個別オーダーの中華の場合は、融通を利かせてくれるところもあります。

塩分が気になる方は「ソースを半量にしてほしい」と頼んでみてもいいかもしれませんよ。

アメリカはとにかく注文した料理をお客の好みに調節できる国です。

自分好みにオーダーしながらどんどん野菜不足を解消しましょう。


 

 

3-2.肉やパスタ中心のレストランでも積極的に野菜を

 

アメリカ 野菜不足

気軽なレストランから高級レストランまで、最近では地産地消やオーガニック(有機栽培)野菜を積極的に売り出しているところが増えました

アメリカでの野菜不足解消に事欠きません。

アメリカのレストランではメニューに載っていない組み合わせであっても、お客の好みのものに変更できる融通が利くところが多いです。

例えメニュー上でステーキとフライドポテトがセットであったとしても、それを注文する時点でそのフライドポテトをサラダや温野菜に取り替えられる事はもう常識になっています。

それくらい、典型的なアメリカ食であるフライドポテトより新鮮野菜を選びたがるアメリカ人が増えてきたとも言えるでしょう。

また、注文の仕方として野菜中心の前菜を2つ頼んで一食としたり、メインは半分持ち帰ることにしてその分サラダや温野菜を頼んだりと、とにかく旅行や出張中であっても自分の目指す野菜量を食べる努力をしましょう。

「アメリカで野菜不足を解消したいんだ」という意思を伝えればお店側もそれに応えてくれるはずです。




おわりに

アメリカで野菜不足解消するための方法をご紹介して来ました。

これをヒントに行動すればアメリカ滞在中で野菜不足になることはなく、ひとつ心配事が解消されることでしょう。

アメリカに到着したばかりの時差ボケ状態では胃腸が弱っているかもしれません。滞在期間にもよりますが、初日から2、3日目までは腹八分目に気をつけ、アメリカ特有のジャンクフードと野菜不足解消の食事を2対8か3対7ほどの割合に保つと旅行や出張中でも調子を落とさずにいられると思います。

アメリカでも野菜不足解消さえできていれば、ところどころでアメリカらしいコッテリした食べ物を食べても滞在中ずっと元気に活動できるはずです。



関連記事
「野菜バーガー|アメリカ人気の3種!【詳しいレシピつき】」
「アメリカ野菜|流行してるのはどれ?」
「アメリカ中華料理|シャキシャキ野菜は何!?」
「アメリカ人は野菜食べない!?いやいや日本人より野菜を食べている3つの理由」
「アメリカ野菜は高い!?【最新版】」



あなたのアメリカ野菜生活が充実しますように♡♡♡

コメント

このブログの人気の投稿

アメリカじゃがいも|種類ありすぎ!使い方は?【保存版】

アメリカのじゃがいもは種類がたくさんあって使い方がわからずにいませんか? また、どのじゃがいもがどんな料理に合うのか悩みますよね。 日本の2大じゃがいもである、 ● 男爵(だんしゃく)・・・ほくほくして煮崩れし易い ●メークイン・・・しっとりして煮崩れしにくい と覚えましたがアメリカのじゃがいもはどうなのでしょうか。煮崩れしにくいじゃがいもはどれ?逆に、煮崩れしやすいじゃがいもは? 今回は私の在米生活で学んできたアメリカのじゃがいもの種類とそれぞれの使い方をご紹介します。 1.アメリカで一番出回っているじゃがいも ラセットポテト / russet potato ●別名その1:baking potato(ベーキングポテト)=焼き料理に向いているため    ●別名その2:Idaho(R) potato(アイダホポテト)=同じラセットポテトでもアイダホ州で収穫されたものだけが「アイダホポテト」と呼ばれる権限があります。 *(R)は登録商標です。 ●向いている料理法:オーブン・グリルで焼く、油で揚げる ●特徴:価格が安い、ほくほくしている(粉ふきいも、コロッケ向き)煮崩れしやすい アメリカのじゃがいもの中で一番安価で一番出回っているじゃがいもです。 だいたい大きさがそろっていることが多いので使いやすいのですが、煮物や汁物に使ってしまうと溶けてしまうほど煮崩れしやすいので注意してください。 私は味噌汁に入れてよく溶かしてしまっています・・・。 食感はほくほく系で日本の男爵 なんですけれどね。 ラセットポテトはオーブンやグリルで焼いたり油で揚げたりする調理法が賢明です。 また、レストランなどで皮付きのフライドポテト(フレンチフライ)が出る場合はこのラセットポテトを使っています。 2.アメリカのじゃがいも万能選手 イエローポテト / yellow potato ●別名1:Yukon Gold (ユーコンゴールド) ●別名2:All-purpose (オールパーパス / 多目的)potato ●向いている調理法:ほぼ全て ●特徴:若干しなびやすい アメリカで 煮物やカレー を作りたかったらこのイエローポテトを使いましょう。じゃがいも自体はしっかりしてい

トマト赤くならない冬の対処法と青トマトの活用レシピ3選

トマトは冬になるとなかなか赤くなりませんよね。気温が下がると家庭菜園のトマトは青い実がただ単に 何日もぶら下がっているだけ 。 そこから先、熟す様子もありません。そのうちに霜が降りると青いまま凍ってしまい、暖かい日が来ると解凍されてぐちゃぐちゃ。 そんな、トマトが赤くならない冬にどうしたらトマトを赤くできるかご紹介します。最悪どうしてもトマトが赤くならない場合の簡単レシピも3つつけました。是非最後までご覧ください。 トマト赤くならない冬 実を取って放置   キッチンカウンターの上などで様子見 トマトは花が咲いて実がなり、赤なるまでに 累計で800℃~1200℃の温度が必要 なんだそうです。 もちろん、 累計(少しずつの合計数) でなければならないので、トマトをガラスが溶けるような高温にさらしたからと言って一気に熟すわけではありません。 累計温度が積み重なるので毎日暑い夏はトマトが赤く熟すまで時間がかからないわけですね。逆に冷夏だと日照時間が少ないうえに累計温度も上がっていきません。 それで 冬はなかなか赤くならない わけです。 外では暖かい日が少なくなるだけでなく、トマト自体が凍結の可能性も。 それなので、気温が下がってきて「もうこれ以上青いトマトを取っておいても凍ってしまうだけだ」と判断した日に青いトマトは 全部取って しまいましょう。 私は一度家庭菜園のトマトの木にトマトをならせたまま凍らせてしまいました。 暖かくなった日に解凍されたらぐちゃぐちゃになった上、一日放っておいたら変なにおいもして食べられる状態ではなくなってしまいました。 カウンター上で追熟が進む そんなわけで、秋も終わる頃に「まだ自然に放っておけば赤くなるかも」と望みを込めたトマトも寒い日がここそこに出てきたら 取ってしまうのが一番 です。 なぜなら今度は凍結の恐れが出てくるから。凍結してしまえば家庭菜園のトマトは全部ダメになってしまいます。 ここで一か八か青いトマトを全部取って、 今シーズンは終了 ということにします。 私の今シーズン最後に収穫した青い7個のミニトマト。腐るわけでもなくすぐに追熟するわけでもなく、ただただ2ヶ月青いままカウンターに鎮座していました。 するとあ

アメリカ野菜で代用できる和食向き野菜5選!

アメリカで生活している限り、野菜の代用を余儀なくされることがあります。 日本でも定番のじゃがいも、にんじん、玉ねぎなどは 「アメリカ|スーパーで日本と同じ野菜【使い方のヒント付】」 書きましたがアメリカでも売っています。でもいくつかの野菜は 似て非なるもの だったりします。 今回は多少日本の野菜と似ているからこそ同じように使えるアメリカ野菜の代用品をご紹介します。   アメリカ野菜 かぶの代用は?   turnip(ターニップ) アメリカのかぶは日本のかぶより2、3倍大きいものも多いです。 茎に近い部分が紫色で実は苦味が強く、そのまま使っても苦味が強く出てしまいます。 苦味が好きな方はいいですが 生食でも甘みのある日本のかぶをイメージしないほうがいい ですね。 味が薄めで油を使わない味噌汁など使う時は一度お湯で ゆがいて から(煮たお湯を捨てる)と多少アメリカのかぶの苦味が薄れます。 かぶのクリーム煮やトマトソース煮など こってり系で油を使う料理法 の方が苦味を感じることも少ないです。   アメリカ野菜 白菜の代用は?   savoy cabbage(サヴォイキャベッジ) 白菜の代用のサヴォイキャベツは今回の私のイチオシです。このサヴォイキャベツはまさにキャベツと白菜の中間なのです。 白菜の代用だけでなくキャベツの代用としても使えて とても便利です。 しかも、1パウンド(約450g)あたり$1.5(約150円)前後かそれ以上する白菜に比べ、このサヴォイキャベツは$0.7~$0.8(約80円)ほどと 値段も白菜の約半分 です。 また白菜はだいたいどのスーパーでも見るようになりましたがまだまだある時とないとき、質が悪かったりあまりに小ぶりだったり、となかなか「これは!」と思うものが見つからないときが多いです。 それに比べこのサヴォイキャベツは継続的に店頭に並びますし、品質も安定しています。使ったことのない方は是非使ってみてください。 サヴォイキャベツ利用に際しての注意ですが、 白菜やキャベツより葉が硬い ので 生食にはむいていません 。   アメリカ野菜 長ねぎの代用は?   leek(リーク)   長